メンズ アウター 冬春に人気のアウターやトレンドを抑えたメンズアウターを紹介!

ksejnfnfe
こんにちは、管理人です。
最近はまた寒い時が日本列島に直撃してきていますので、おしゃれなアウターでも着用して寒さをしのいでいきましょう!いろんな種類があるアウターですので選ぶのも大変です。そこで今回は男性用のおすすめアウターをまとめてみました。

メンズ アウター 種類

isoefkfke
アウターには数多くの種類があります。全てを上げるのは難しいモノですが、その中から重要なアウター6種類が存在します。すなわち『Pコート』『ダッフルコート』『キルティングジャケット』『ダウンジャケット』『ブルゾン』『トレンチコート』の6種類です。いずれも人気が高く、羽織りやすいアウターですので、着方次第では夏以外のオールシーズンで対応することができます。どれを着るかは自由ですが、メンズらしくコーデにあったモノを着ていくようにはしましょう。

メンズ アウター 人気

jus736hhf
メンズ用のアウターで近年人気の商品は、ずばりニット系のアウターです。一見するとアウターとニットというのは合わない、あるいは考えにくい気もします。しかし、セーターなどいざ使ってみると中々しゃれているモノです。印象としては前々世代、昭和から平成初期を彷彿させるモダンさがあるので年代に対するウケもそこそこ良いもの。最新ではないものの、ノスタルジックなコーデを選んでみたい人にはオススメのアウターと言えましょう。

メンズ アウター 秋

kkskekflkkeo
秋向けのメンズアウターは薄く、羽織りやすいものが好まれます。特に秋は気温の変化が激しいため、インナーよりもアウターの方が着脱しやすく、防寒性も優れるのです。とはいえ、コーデにも気を使わないといけないのが難しいところ。上手にアウターを着こなすにはトップスやボトムスの工夫も必要になってきます。使い勝手が良いだけでアウターを選ぶと、少々かっこわるくなってしまうので気をつけましょう。同系色を重ねるのは控えた方が良いですね。

メンズ アウター トレンド

nnmfnjeu8
近年のメンズアウターのトレンドは、やはり70~90年代のトレンドに近いものがトレンドになっています。その代表系とも言えるのがニット系アウターです。使い勝手がよく、過去を思い出させてくれる懐かしさはなかなかのモノ。防寒性もしっかり備えているので、非常に使いやすいアウターとなっています。一見古くさそうに見えるかもしれませんが、この古くささこそがトレンドと言っても差し支えないでしょう。一度来てみると意外と良いものですよ。

メンズ アウター ブランド

kjse803oo
メンズアウターのブランドもさまざまですが、特に有名なところで言えば『ショット(Shott)』と『マッキントッシュ(MACKINTOSH)』は外せません。ショットもマッキントッシュもアウターを精算しているファッションブランドですが、歴史が長く、双方にこだわりがあります。
とりわけショットは一見すると地味に見えますが、日本で一番最初にPコートを広め、現在市場に出回っているPコートのデザインのほとんどがショット由来という、まさに元祖Pコートな訳です。

メンズ アウター 冬

iiskekkfnnnek
冬にメンズアウターを身につける場合、あまり重厚になりすぎないことが大切です。確かに冬場は寒く、厚着をしていくのは当然に思えるでしょう。ところが、厚着にアウターを重ねてしまうと途端に見栄えが悪くなり、太って見えることもあります。要するに『太って見えないアウター選び』が求められるわけですが、ここで出てくるのがPコートというわけです。
Pコートはボリュームが強く、しかし高い防寒性を備えているためすらっとした見栄えを作ることができるのです。

メンズ アウター おすすめ

us7ehnngh
最近のメンズアウターでおすすめなのは、やはり『インバーアラン(INVERALLAN)』の3Aカーディガンでしょう。アウターというと重厚なイメージがあり、カーディガンは少し違うようにも見えます。しかし、着てみると暖かく、手編み特有の肌触りが心地よい商品でもあります。
カジュアルはもちろんトラッドな着用にも向いているので、非常に使いやすいモノとなっています。一見古めかしいようにも見えますが、この姿がかえっていいのです。

メンズ アウター 2015

kkmncnbb
2015年のメンズアウター。どのような商品が流行るのでしょうか。近年は70~90年代のノスタルジックなアウターが流行っていて、このような『時代を逆行する流行』は度々起こっています。そうなると、この流行はしばらく続くようにも思えますが、その前に未来を先取りするようなデザインが1つ出るかと考えられます。例年夏から秋にかけて新しい流行がピックアップされる流れがあるため、そのあたりをよく見ておく必要はあるでしょう。情報収集もまたファッション力を高める上で欠かせません。

メンズ アウター カジュアル

kkmcnnnn
カジュアルなメンズアウターはフォーマルに向いているモノ、向いていないモノに分けられます。基準としてはシンプルなアウターほどフォーマルにも使うことができます。例えばPコートやトレンチコートはシンプルだけど重厚。そしてしっかりとした作りをしているため、フォーマルの場でも違和感なく使うことができます。一方でブルゾンやキルティングジャケットのような、縫い目が目立ったりボリュームの高いアウターはフォーマル向けではありません。
この点に気をつけつつ、カジュアルでもフォーマルでも使える商品を選ぶのも一つでしょう。

ラルフローレン メンズ アウター

mmncbbvveh
ラルフローレンのメンズアウターはシンプルだけど使いやすい商品が多く揃っています。シンプルな商品は地味な一方で使いやすく、カラーバランスが合わせやすい商品とも言えます。もちろん人によっては物足りなさを感じているかもしれませんが、使ってみると案外心地よく、色んな服と合わせやすいため、タンスの肥やしになることも少ないでしょう。それに、シンプルなアウターほど使い勝手は増します。1、2着あるだけで幅が拡がるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする