メンズのジャケット 冬から春に最適なおしゃれで人気のコーデ

mnsekkf
こんにちは、管理人です。
冬や春のファッションの定番といえばジャケットですよね。肌寒い時はそのうえにコートやダウンなどを着用すると思いますが、目的地に着いて室内に入りアウターを脱いだ時に着用している服装も、周りからはしっかりと見られています。重要なのはインナーにもしっかりとこだわること。

メンズ ジャケット ブランド

mmsnejj
メンズジャケットのブランドにはさまざまな種類があります。
とりわけダウンジャケットの場合、モンクレール(Moncler)を始め、ヘルノ(HERNO)やタトラス(TATRAS)、エーアイライダーズ(AI RIDERS ON THE STORM)と言ったさまざまなブランドが販売しています。今回紹介したブランドは、いずれも高級ブランド。質がよく、機能性にあふれているモノの、価格は10万円前後を考えなければならない商品ばかり。
確かに多角化もしれません。しかし、10万円出すほどの最高級の価値がある一品は、まさに一生モノでしょう。

メンズ ジャケット コーデ

iseu837u
メンズジャケットのコーデは前を開けると閉じるかで大きく変わってきます。
ダウンジャケットやキルティングジャケットのように厚みのあるジャケットの場合、前を閉じてもそれだけで重厚な感じが引き立ってしまいます。
開けた場合でも重たく感じますが、そこはトップスに明るい色を置くことで抑えるようにしましょう。
トップスをホワイト、ジャケットを暗色にして身体を大きく見せるのもコーデの一つでしょう。色々試してみましょう。

メンズ ジャケット 通販

mmnsbebye6
通販でメンズジャケットを買うとします。どのような点に考慮すべきでしょうか?
まず考えるのがデザイン。見栄えがよくないのだと見向きもしないのはまぁ当然でしょう。
次に価格。デザインが良くても価格が10万円を超えるようではおいそれと手が出せません。
そしてこれらの条件がクリアできたら、送料などの購入時の取り扱いを見ていきます。ここで返品が可能なお店であれば即購入。通販は色合いや細部が確認できないので、返品できるかどうかが鍵となってきます。

メンズ ジャケット カジュアル

nbsbev368
メンズジャケットはカジュアル向けの商品が多く見られます。
カラーリングはもちろん、デザインからしてカジュアル向けが多いのでフォーマルの場で着ていく日とは少ないように思います。
しかし、キルティングジャケットに関しては服装によって大目に見られる場合もあり、その場所によりけりと言った部分は強いでしょう。
したがって、フォーマルな場に出向くときはあらかじめドレスコードを確認し、もし聞けない状況であれば着ていくのを控えましょう。

メンズ ジャケット 種類

mmnksekkf
ジャケットにも沢山の種類がありますが、その中でも『キルティングジャケット』『ダウンジャケット』『ブルゾン』の3つは注目しておいて損はありません。いずれもジャケットを見る上で欠かせない3種類で、それぞれデザインも異なります。
例えばキルティングジャケットは格子状になっているのに対し、ダウンジャケットは横線状。ブルゾンは縫い目がなく、厚みが少ない薄手の商品もあります。どれを使うかは状況次第ですが、使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。

メンズ ジャケット 冬

nbvsey64
冬のメンズジャケットは厚手なモノほど好まれている傾向にあります。例えばダウンジャケットやキルティングジャケットは、中綿が入っていることから防寒性が強く、冬に特化した性能をもっています。
とはいえ、あまりモコモコなりすぎるのも考え物です。その上、ジャケットを上までしっかり止めているのも格好が付きません。
ジャケットは少し前を開けるぐらいの余裕を見せましょう。隙間から入ってくる寒気については、トップスで工夫するようにしましょう。

メンズ ジャケット 秋

nbvse63j
秋のメンズジャケットは暖かさよりも着脱を考えた作りを選ぶのが良いでしょう。
何故か。それは秋という季節にあります。秋場は暖かい日と寒い日が混在しやすく、風邪を引きやすくもなります。このような状況下で暖かいジャケットを常に着続けるのは、我慢大会に等しい行為です。
暑いときは脱ぎ、寒いときは着る。このバランスを崩さないようにしましょう。

メンズ ジャケット おすすめ

nbsevb333
メンズジャケットでおすすめと言えば、ヘルノ(HERNO)のダウンジャケットでしょう。
イタリアらしいデザインに加え、使っている中綿は『ウルトラライトダウン』と呼ばれる超軽量綿を使用。軽さと暖かさを両方兼ね備え、着心地はまさに最高級と言えましょう。
デザインの質も洗練されているので個人的におすすめです。
価格は6万円からあり、一番高い商品で20万円。それでも買うだけの価値がある商品です。要チェックです!

メンズ ジャケットスタイル

mmsnebnfn
メンズならジャケットのスタイルにもこだわりを見せちゃいましょう。
ただただ着飾るだけではもったいないもので、ダウンジャケットやキルティングジャケット。ブルゾンなんかもコーデの一つに組み入れることができます。
大人のコーデを目指すのであれば、ボトムスの色を普段とは一風違ったモノにするのも一つ。例を挙げるとすれば、ジャケットに白パンツなんてのも格好が付くでしょう。足下は革靴で決めれば、きっとしゃれた大人になること間違いありません。
色合いを見極め、ジャケットスタイルを極めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする