パチンコ真 花の慶次 好調台の見極め方

shinhananokeiji
こんにちは、管理人です。
2015年、一発目の注目台「真花の慶次」皆さんはもう打ちましたか?僕はもうかなり打ち込んできましたよ。

あ、ちなみに台はご存知の通りこちらです

ニューギンならではの男臭い演出に、ド派手なギミック、そして圧倒的な出玉感。どれをとっても今までの慶次を上回っている印象です。そこで今回は管理人の僕が感じた新台慶次の好調台の傾向を紹介していこうと思います。

緑保留で強い発展

もちろん強発展したリーチで当たるのに越したことありませんが、緑保留でそれなりに発展する台は好調台の傾向にあるように感じました。僕が打ち込んでいる台でも緑保留が出現しロングリーチ止まりや、発展もせずに弱リーチで外れる。といった演出が続いた台は一日を通して負け台になることが多かったです。
今作の慶次の緑保留は大当たりになることもしょぼいリーチで終わることもあり、かなりの振れ幅があるように感じますが、その分一つの好調台を見極めるポイントになるのはたしかです。一つの傾向としてチェックしておきましょう。

一撃入魂がしっかりと発動する

疑似連演出の中の一つがこの一撃入魂になるのですが、これがしっかり発動する台は好調台です。ここでいう発動するしないの定義はギミックが中央で合わさってボタンプッシュした時に疑似連になるか、それともギミックが合わさってボタンをプッシュしたのにも関わらず、そのまま疑似連にならずに終わるのか?というところです。
長く打ち続けてみましたがこの演出が成功する台はその回転で当たるか近いうちに当たりが来ることが多かったように感じます。

キセル予告を外さない

激熱演出というか慶次の代名詞でもある「キセル予告」この演出が出てもハズレてしまうことがありますが、この演出が出た回転を外す台はそのあと尻つぼみになってしまうような感じでした。
特に今作は蝶柄やキセルなどの演出が通常よりも期待度が高く設定されているので、これらの演出を外す台というのはなんらかの悪い傾向にあるように感じました。

金予告が変動序盤で出現し尻つぼみにならない

これは一番多く感じたことなのですが、変動開始時に金ふすまが出たりセリフやステップアップで、金系の予告が出たりしたあとの演出がものすごく尻つぼみになることがあります。強リーチに行かずそのまますっと終わったり….
金の上に蝶柄がありますがそれを見越したとしても慶次の金はそれなりにアツく熱い予告に発展することにつながることがあります。それらに繋がらずそのまま終わってしまう台は要注意です。

キセルボーナスチャレンジにしっかりと発展する

リーチ終わりに発展するかどうかの煽りがよく出ることがある「キセルボーナスチャレンジ」よく保留変化した回転から発展することがあるのですが、これの煽りはたくさんあるけど実際には全然発展しない。という台は非常に危険だと感じました。
この傾向が出てそのあと1000回転はまったのは、そう。僕です。煽りが出ることは非常に良いことだと思いますし、煽りで終わることも結構あるとは思いますがそこで終わるのが頻繁に出てしまうようなら台の移動を検討した方がいいかもしれません。

乾坤一擲(けんこんいってき)チャンスでリーチになるその後強リーチへいく台

乾坤一擲という演出が今回から登場しています。前作でいうところのもののふチャンスにあたるのですが、これがしっかりとリーチになりその後今日リーチやストーリーなどに発展する台は好調の傾向が強いです。
もちろん発展したリーチで当たるのが一番ですが、僕の個人的な意見としては外れたとしてそのあとにしっかりと当たりが来ることが多かったように感じます。

まとめ

いかがでしょうか?あくまでも個人的な見解で紹介しているものになるので、必ずそうだとは言い切れませんが、台を選んだり変更したりする基準として考えてみても面白いんじゃないでしょうか。
その他にもし、「こんな演出があったあとに当たったよ」などの報告があればコメント欄に投稿してみてください。それでは楽しいパチンコライフを。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする