ぱちんこ よしもとタウンの好調台の見極め方や評価

jjsekkfjen
こんにちは、管理人です。
何を隠そう、僕はパチンコが3度の飯よりも大好きなわけですが、前回花の慶次の好調台について書いてみて好評だったので今回はよしもとタウンについて評価や好調台の傾向を紹介していこうと思います。今後打つ方の参考に少しでもなればと思います。

ぱちんこ よしもとタウンの評価は?

先ずは評価からですが、今回パチンコの大手企業である京楽が力を入れて作った台にしてはかなりの不作だったのではないかと思います。
ホールに行ってももう既に空き台がちらほらと出ている状態を見ると客付がよっぽど悪かったんだなと思います。実際に僕も何度か打ちこんでみたんですが、正直「微妙…」って感想です。

芸人のネタが豊富すぎるし、ネタを見たいわけじゃない

京楽さん、今回何を思ったかできるだけ芸人のネタを見せられるようにと工夫がされていました。
通常時のリーチや疑似連に始まり、確変のお笑いラッシュの時も自分でチャンネルを選びコントが見られるようになっていました。自分の好きなコントをテレビでチャンネルを回すような感覚です。
しかし、僕らがパチンカーが見たいのは芸人のコントやネタじゃなく大当たりやそれに準ずる演出を楽しみたいのです。

お笑いラッシュ中の消火が早いのか遅いのかよくわからない

お笑いラッシュ中は確変といえど、確率を高く設定してあり回転に要する時間は少なくても、平気で200回転や300回転を回すことがあります。おそらくコントをしっかりと見られる時間を確保するためにこのようなスペックになっているのだと思いますが正直そんなものはいりません。
消化スピードが遅くなりイライラしてしまう要因の一つになってしまいます。

16Rの出玉が少ない

宣伝の段階で散々16Rの比率を強調して紹介していたのに関わらず、実際に16Rを引いて「お、来た!」と思っていたらチョロっとしか出ない。AKBは2000発しっかり出てくれるのですが、よしもとタウンはそんなに出ないです。
確変に突入するまでの、確率と手間を考えるともう少し継続率と出玉性能を上げてもいいんじゃないかと思います。コントが毎週更新されるといえどそんなものはなから楽しみにしてませんw

人が多過ぎてごちゃごちゃでわかりにくすぎ

主要キャラクターが一体だれなのかがまったくわからない台だと思いました。よしもとタウンなので全員が主役だと言われたらそれまでですが、それを受け止めたとしても、そこにさらにグラビアのお姉さんまでリーチに入れて来る意味がよくわかりません。あれだけコントや漫才で押してくるぐらいなら、よしもとのキャラクターだけで全部成立させた方がすっきりするし間違いなくわかりやすい。
また、時短中になぜか中村アンが出て来るのも謎。テレビ番組のフィーチャーだとしても演出には省いた方がスッキリする。はぶけないのなら別の時短演出を用意して選択できるようにした方がいい。

キャラクターになっているガブガブキングってそもそも何なの?

今回不作の原因になった一つがこのキャラクターのキャスティングだと思う。知名度低すぎ、何のキャラ?って思わず口を出したくなるほど意味不明。
先にも述べたように、これだけよしもとのオールスターが登場しているのでこのキャラクターもなしにしてダウンタウンやたむけんのギミックを準備してそれを激熱予告にした方が絶対に良い。

っとまあ、ここまでかなり批判をしてしまいましたが、正直上に出した感想はこのパチンコ台を打った人全員が思っているはず。今回のよしもとタウンに限っては京楽は失敗だ。
ってことでここからは好調台の傾向についてです。

緑保留に頻繁になる

もちろん緑保留から発展して赤保留になって当たったりその回転で当たるのであればそれに越したことがありませんが、台の中には青保留止まりで緑保留にまで発展しない台がたくさんありました。そういった台は初当たりまでが遠く、当たったとしても確変ラッシュに入らなかったりすることも多かったです。連荘させて勝つ!ということを考えると緑保留の出現回数をチェックしてみましょう。

ダウンタウンリーチで外れない

今回の台はダウンタウンのリーチだけは別格扱いでかなり熱い演出の一つとして作られています。5大激熱演出の一つとして作られているので、ゼブラや赤保留が出て外れるよりもこのリーチに発展して外れる台の方がよっぽど重症だと感じました。
大体ダウンタウンのリーチに行く際は何かしら複合することがあると思うのですが、ダウンタウンリーチハズレをする台は要注意です。

川島画伯の演出から発展するけど尻つぼみで外れる

疑似連演出の一つで川島画伯が「ピンクの歯茎はいいまだーむ♪」みたいなよくわからない音楽とともに自筆の絵が登場する演出があります。
基本的に疑似連をしやすい演出になるので、疑似3まで発展することが多いように感じます。しかし疑似3まで行ってそのまま何もなく外れる台は要注意です。この演出からしっかりと当たりをもぎ取ってくれる台が好調台の傾向が強いです。

ガブガブキングとグラビアのお姉さんのリーチでさらっと当たる台

今週のグラビア!みたいな演出があるのですが、ガブガブキングの目がスロットのようになりVに止まれば大当たりという演出が登場することがあります。一見何も熱くない演出に見えるかもしれませんが、これが以外と当たる演出なんです。この演出でさらっと当たり確変ラッシュに突入する台は好調の傾向が高いと感じます。

まとめ

いかがでしょうか?
京楽の注目台の一つではありましたが、導入から1か月経ちもう客離れが始まっている台なので、今が台も選べて店側も出そうとする瞬間なので狙い目です。今週末に打ちに行く方の参考になればと思います。
その他にも何か体感された演出や気になったことがあればコメント欄に投稿してみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする