メンズのテーラードジャケット 人気ブランドや大手ユニクロ冬や春秋におすすめのジャケットを紹介!

jnseju83jj
こんにちは、管理人です。
もうすぐ春の季節がやってきますが、春や秋の季節にピッタリなアウターが「テーラードジャケット」です。一見するとフォーマルな装いにも見えますが、着こなし方次第でカジュアルな服装にもちょこっとフォーマルな装いにもできます。着こなし方やコーデの幅も広いので様々なファッションに対応することができるこのジャケット。そこで今回はおすすめのテーラードジャケットを紹介していこうと思います。

テーラードジャケット メンズ ブランド


テーラードジャケットを扱っているブランドはたくさんありますが、僕がよくチェックするのはユナイテッドアローズが多いです。マイナーなところから有名どころもたくさんありますが、自分のライフスタイルに合ったブランドを選ぶのが大切だと思いますよ。

テーラードジャケット メンズ おすすめ


冬の終わりから春に着用することが多いテーラードジャケットですが、おすすめは身体のサイズとジャケットのサイズをしっかり合わせることだと思います。もちろん新作や旧作もあわせてアイテム自体おすすめのものもあるのですが、一番は着用した時にかっこいいシルエットになっているか?というところが一番です。せっかく自分のおしゃれのために購入するものなのですから、自分の背丈にしっかりと合ったテーラードジャケットを探すことをオススメします。

テーラードジャケット メンズ 秋


春や冬の終わりだけでなく秋も着ることが多いテーラードジャケットですが、柄を秋っぽくしてコーディネートを楽しみたいですよね。そこで一番秋っぽい色は、茶系統のジャケットだと思います。気温もインナーにジャケットを羽織るぐらいでちょうどいいぐらいになると思いますので、秋になったら新作に手を出してみてはどうでしょうか?きっとお気に入りのジャケットが見つかると思いますよ。

テーラードジャケット メンズ ユニクロ


大手ブランドのユニクロもこの季節テーラードジャケットを多く扱っています。僕も実際に店頭に赴いて実際の商品を見てきたんですが、雰囲気はちょっと大人っぽい感じでした。若い男性が着用するといった感じではなく大人な男性が落ち着いた雰囲気で着るといった感じです。
もちろんコーディネート次第でかなり印象も変わってくると思います。同店舗で扱っているセーターなどと組み合わせて使うとおしゃれに着こなせそうな気がしますね。

テーラードジャケット メンズ コーデ


テーラードジャケットを男性で上手にコーディネートする場合は、着崩しが一番大切なポイントだと思います。ジャケット単体でもフォーマルな装いになってしまうのでインナーのTシャツとの組み合わせやアクセサリーなどの小物を上手に使ってラフな印象を与えるといいと思います。ジャケット特有のシルエットでスタイルはよく見えて紳士的な印象もあたえられるうえに、ラフさも忘れない非常にクオリティの高いコーディネートができると思います。

テーラードジャケット メンズ 着こなし 冬


冬のジャケットの着こなしは、コートやダウンの中に着るアウターの一つとして考えて、室内と屋外の二つのコーディネートを考えると上手に着こなすことができると思います。
寒い外ではコートなどを羽織り、室内では脱いでジャケットスタイルに。コートを着ている時はおしゃれだけど脱いだらかっこ悪い。じゃ恥ずかしいですからね。二つのファッションをしっかりと着こなしていきましょう。

テーラードジャケット メンズ グレー


初めてジャケットスタイルにチャレンジする人はブラックなどの無難な色を選ぶと思いますが、周りとは違ったコーデで行くなら落ち着いた印象のグレーがおすすめです。
しかし、グレー自体が落ち着いた色だけあって着方を間違えてしまうと若々しさがなくなっておじさんみたいに見えてしまうことがあると思います。それだけは避けないと恥ずかしいので、全身のシルエットと色の使い方をしっかりと考え組み合わせていきましょう。

テーラードジャケット メンズ ネイビー


2014年から2015年にかけてジャケットで人気のある色はネイビーです。青系統の色をちょっと濃くした色合いで、テーラードジャケットに何を合わせてもスッキリするような色合いです。昨年流行した色でもありますし、2015年も注目されるジャケットの色になると思います。色選びに迷っている人はぜひチャレンジしてみてくださいね。

テーラードジャケット メンズ インナー


ジャケットスタイルで気を着けなければいけないのが「インナー」です。
シルエットを気を付けてかっこいいジャケットを着こなしていたとしてもやはりインナーとの組み合わせがバラバラになってしまうとあまりかっこよくありません。ワイシャツでインナーを固めるということもできますが、それだと固くなりすぎてしまうので、アクセサリーで崩したり、インナーをボーダーにしたり…ラフさを忘れずにコーディネートしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする