広瀬すずが壇上で泣き崩れてたけど嬉しいのはわかるけどそこまでしなくてもいいよね

hirosesuzu

こんにちは、管理人です。

今回はちょっと気になるニュースですが、広瀬すずが主演を務めるちはやふる下の句の舞台挨拶が行われたらしいのですが、そこで続編の発表がされて広瀬すずが泣き崩れたらしい。

そこまでする必要ないんじゃない?って思ったので記事にしておきます。

今回の報道

女優の広瀬すずが4月29日、都内で行われた主演映画「ちはやふる 下の句」の初日舞台挨拶に、共演の野村周平、真剣佑、上白石萌音、松岡茉優、小泉徳宏監督らと登壇。舞台挨拶終盤から大粒の涙を流していた広瀬だが、同作の原作者・末次由紀氏からの手紙を通じて続編製作決定が知らされると、涙腺が崩壊。壇上で泣き崩れ、松岡と抱き合って喜びを分かち合った。

※yahooニュースから引用

嬉しいのはわかるけど泣き崩れるほどじゃないよね。

2部作で製作された同作は、前編にあたる「ちはやふる 上の句」が累計で観客動員117万人、興行収入約13億9000万円を記録。「ちはやふる 下の句」はこの日、全国299スクリーン(熊本で休館中の5スクリーンを含む)で公開された。

続編製作が発表されると、広瀬は「ごめんなさい、わかんない!」と茫然自失。野村が「(自らが演じた)太一だけ代わるとかないよね?」、松岡が「もう詩暢を演じられないかもしれない」と動揺する広瀬をフォローしたが、メイク直しをすることなく、そのまま報道陣向けのフォトセッションへと突入。涙でほほを濡らしたまま、「やったー!」と連呼しながら笑顔をのぞかせた。

それでも、2部作に全力を注いだこともあり「わたし、千早をできないかも」とこぼした広瀬。すかさず野村が「お姉ちゃん(広瀬アリス)がいる!」とツッコミを入れると、「いや! やだ! やる!」と涙をぬぐった。そして、「嬉しいねえ。これで最後じゃないんだね。頑張ります!」と表情を引き締めた。

あざといって思われても仕方がない

広瀬すずが美女だということは認めるが、ここまでの過剰なリアクションはやりすぎでしょう。だってわざわざそんなことしなくてもいいもん!まさに女優だね。

ネット上の反応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする